(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

甲州道中:台ヶ原宿→教来石宿

  • とらぞう
  • 2019/01/06 (Sun) 11:40:14
昨日甲州道中の台ヶ原宿〜教来石宿を歩きました。
甲州街道歩きの12日目。
公共交通だと、JR中央本線韮崎駅を介して、穴山橋バス停から山口スクールバス停。
距離は寄り道含めて21.6km、7時間45分の旅。
歩数は28,195歩。

10日目の旅で韮崎宿まで歩くつもりが1つ手前の塩崎駅前で終了。
そのため、北杜市内の行程が一泊2日のつもりが日帰りに変更となり、今回は青春18きっぷを利用して歩きました。
終点の山口スクールバス停の最終バスが17:11で、バスの時間に間に合うように到着するのか?心配でしたが、それほどズレがなかったのでヨカッタです。
前回とほとんど同じような時間と距離と歩数なので、我ながら感心します。

韮崎市の最北の集落上円井から、終点の北杜市上教来石山口までは、国道20号とカブる行程が少なく、旧道を歩く部分が多くて、目にする風景がなかなかヨカッタです。
機会があれば違う季節に歩いてみたいですね〜。

惜しむらくは富士山をあまり見なかったこと。
おおむね北西の方角に進んでいるので、振り向かないと富士山は見えませんが、午前中は山頂に雲が多かったので、午後もあまり見ないままでいました。
しかし、午後は山頂の雲が取れて台形の形がよく見えていたようです。
まぁ、ワクワクして進んでいたので、それどころじゃなかったですね(笑)。

さて、次回は信州長野県に入ります。
これから本格的な冬で雪の心配があるので2月はお休み。
甲府柳町の巻以外は日帰りでしたが、自宅からスタート地点まで約4時間かかり、往復8時間となっているので、次回は泊まりで歩きたいな~。
あと2日で中山道下諏訪宿にゴールするので、泊まりだとあと1回。
いや〜、楽しみだ〜。

画像は、台ヶ原宿をちょっと過ぎた白州町白須の下り坂。
台ヶ原はその名の通り河岸丘の上にできた宿場町で、宿場内の緩やかな上り坂を過ぎると、一気に下る。
予習で地図を見ていても高低差を気にしていないので、歩いて地形を肌で感じることができるのが面白い。

Re: 甲州道中:台ヶ原宿→教来石宿

  • 萩さん
  • 2019/01/06 (Sun) 21:05:15
この寒いなか,教来石までの甲州道中歩き
お疲れ様でした。
いよいよ信州ですね。
頑張ってください。

下諏訪到着は4月ですか?
できたらご一緒したいです。
近づいたら,教えてくださいね。

私は,年明け早々美濃路を歩く予定でしたが
この土日は寒くてやめました。
中旬以降に歩き始めます。

Re: 甲州道中:台ヶ原宿→教来石宿

  • とらぞう
  • 2019/01/07 (Mon) 23:08:51
ありがとうございます。
1日中風が吹いていて、ホントに寒かったですね~。

甲州街道最後の弥次喜多道中ありがとうございます。
歩くのはあと2回ですが、春の青春18きっぷの期間に歩こうと思っています。
日帰りになるか?泊まりになるか?まだ具体的に決めていませんが、よろしくお願いします。

甲州道中:韮崎宿

  • とらぞう
  • 2018/12/16 (Sun) 11:25:46
昨日甲州道中の韮崎宿を歩きました。
甲州街道歩きの11日目。
最寄り駅・停留所はJR中央本線塩崎駅と穴山橋バス停。
距離は寄り道含めて21.7km、7時間40分の旅。
歩数は29,396歩。

前回は韮崎宿まで歩くつもりが、日が短くなって塩崎駅前で終了。
今回はさらに日が短く、どこまで歩けるのか?

当初は韮崎〜ゴールの下諏訪を3日で歩く予定を、塩崎からだとちょっとキツいので、4日で歩くことに。
そのため、余裕ができたので、当初予定がなかった某所に寄り道することになりました。

道がどうなっているのか分からない初めての土地で、大変な思いをしました。
詳しくはブログやホームページの記事になりますが、今回目論んでいた、早めに着いてコンビニ茶屋でお茶する、というのがなしになったのが残念。
なかなか思い通りにならないものですね。
次回はもう少し計画通りに進められるようになってほしいです。

しかし、次回の甲州街道歩きは年が明けて1月。
今日より寒くなって、防寒対策をしっかりしないといけません。
どうなりますことやら。

画像は、祖母石(うばいし)の集落。
資料では、昭和34年の洪水で昔の面影がないと書かれていましたが、何の何のなかなかイイ雰囲気で、写真をパシャパシャ撮りました。

Re: 甲州道中:韮崎宿

  • 萩さん
  • 2018/12/16 (Sun) 19:16:16
祖母石の写真,私のアルバムにもありました。
韮崎から,長野県境までは,昔ながらの良いところです。
これからもっと寒くなりますが,甲州道中歩き
頑張ってください。富士山がきれいですよ。

私は。☆丸さんや風の吹くままのTAKAOさんのように
金吾版で歩いたようです。
このルートは,途中補給が苦しいのとトイレがないので,
分間絵図ルートの方が良かったと思います。

でも,金吾版のルートも風情がありますよ。
次も頑張ってください。

Re: 甲州道中:韮崎宿

  • とらぞう
  • 2018/12/16 (Sun) 22:07:22
今回は街道風景的なものは期待していなかったので、祖母石の集落は資料に書かれているほどではなく、なかなかヨカッタですね。
これから歩く上円井から教来石まで、国道20号から離れて旧道が残っているので、次回の行程も楽しみです。
金吾さんの細見ルートは、地図で見る限りは生活道路みたいですよね。
食事処やコンビニがないと困りますね。

八王子通り大山道 その4

  • とらぞう
  • 2018/12/02 (Sun) 00:15:32
日付が変わってしまい、昨日となりますが、八王子通り大山道その4を歩きました。
その3が昨年12月なので、1年ぶりの大山道歩きです。
その3と今回のその4を今年の甲州街道前に歩こうと思っていたけど、
予習と本番の日程調整がうまくいかず、その4だけ取り残されていました。
ようやく歩けてホッとしています。

交通機関だと箱根ヶ崎駅から八王子駅まで。
歩いた距離は寄り道含めて24.2km、7時間55分の旅。
歩数は29,902歩。

中山道熊谷宿をスタートして、荒川をはじめとする幾つかの川を渡り、幾つかの丘陵を上り下りしながら南下してきましたが、今回は多摩川と浅川の間にある険しい河岸丘を2つも越えて、印象に残る行程となりました。
前半は旧道が横田基地で消滅していて、国道16号の歩道歩き。
今回唯一の宿場である拝島宿は国道からはずれた静かな宿場です。
神社仏閣が多く、約1kmの宿場を1時間40分かけて堪能しました。

ゴールは甲州街道の八王子宿。
春に歩いたばかりだけど、甲州街道歩きでは飲み食いしていなかったので、今回は昭和3年(1928)創業の伊勢屋で団子、明治39年(1906)創業の伊奈喜で和食の御膳を舌鼓。
あ、拝島宿では大正3年(1914)創業の元木屋でお菓子もいただいたので、街道歩きを五感で楽しみました。

画像は、多摩川の河岸丘を上る国道16号。
旧道を破壊して、切り通しの殺風景な国道ですが、イチョウの黄葉がキレイで印象的でした。

Re: 八王子通り大山道 その4

  • 萩さん
  • 2018/12/02 (Sun) 10:23:48
一年ぶりの大山道道歩き,お疲れ様でした。
twitterを見ていたら,旧道がずいぶん壊されていて
大変な行程だったなと,感じていました。
それでも,この歩きを堪能された様子。
団子やお菓子も良かったですね。

自分は,大山道の全体像がつかめないのですが,
八王子通り大山道は,これからも続くのですか?

Re: 八王子通り大山道 その4

  • とらぞう
  • 2018/12/02 (Sun) 18:55:55
ありがとうございます。
八王子市は東京都の中核都市で人口も増えてバンバン開発が続きますね。
人口も60万人くらいでデカい市です。

八王子通り大山道は楽しかったですよ。
起点は中山道熊谷宿で終点は大山となり、距離は長いですね。
八王子から大山のある伊勢原までは10年前の2008年に歩いているので、八王子通りはこれでおしまいです。
大山道としては次に歩くのは府中通りとなります。
これまた中山道浦和宿起点で長い行程となります。

甲州道中:甲府柳町

  • とらぞう
  • 2018/10/29 (Mon) 20:15:13
昨日甲州道中の甲府柳町を歩きました。
甲州街道歩きの10日目。
最寄り駅はJR中央本線石和温泉駅と塩崎駅。
距離は寄り道含めて30.4km、10時間20分の旅。
歩数は39,190歩。

前回は最後の石和宿が丸ごと日没後の訪問となり、真っ暗な写真ばかりで残念なことになりました。
今回は甲斐国の中心地である甲府を歩くにあたって、寄り道したいところが多く、前回に続けて時間がかかってしまうため、街道歩き初の前泊を試みました。
計画では甲府柳町だけでなく、次の韮崎宿まで歩く予定のため、日の出とともにスタートできることとなりました。
前日は明るい時間帯に石和宿を再訪できたので、一石二鳥です。

やはり、甲府の街は歴史が古い分、内容が濃い旅となりました。
街道歩きの旅なので、一般の観光のような寄り道をしなくてもイイんだけど、せっかくなので観光活動を敢行しました。
しかし、今回は2宿歩く計画のはずが、中央本線塩崎駅付近で日没となってしまい、韮崎宿まで到達できませんでした。
夏と比べて日が短いのですが、ホントに「秋の日はつるべ落とし」ですね。
韮崎宿を過ぎると鉄道から離れてしまうので、後半の計画に影響してしまいます。

今回は、東海道吉田宿@豊橋の萩さんが参加して、久しぶりの弥次喜多道中です。
2年前の春に歩いた日光道中幸手宿以来のことです。
普段は1人で黙々と歩く旅ですが、いつもと違う和やかな雰囲気で歩けてヨカッタです。

画像は、甲府柳町の枡形。
前回歩いた勝沼宿や栗原宿にも枡形はありましたが、車をスムーズに通すため道路が改修されています。
甲府では貴重な枡形がいくつか残っていてありがたいことです。

甲州道中:鶴瀬宿→石和宿

  • とらぞう
  • 2018/10/07 (Sun) 16:40:16
昨日甲州道中の鶴瀬宿から石和宿を歩きました。
甲州街道歩きの9日目。
最寄り駅はJR中央本線甲斐大和駅と石和温泉駅。
距離は寄り道含めて26.8km、10時間45分の旅。
歩数は34,735歩。

4日目で小仏峠越えをしてから山道を進んできましたが、前回笹子峠越えをしていよいよ甲府盆地。
久しぶりの平地です。
甲府盆地の玄関口である勝沼宿はぶどうの産地。
当初から勝沼でぶどうを買おうと思っていて、ぶどうの季節に勝沼を歩くために、笹子峠は予習をせずに歩きましたが、何とかシーズンに間に合い、ぶどうを購入できました。

勝沼ではまさかのぶどうまつり。
人出が多くてイベントもあり、何カ所かで滞在時間が長めになってしまいました。
そんなわけで、最後の石和宿では想定外の日没後となってしまい、街道歩き初の宿場丸ごと真っ暗。
暗くて景色は見えないし、予定していた寄り道もできず、残念なことになってしまいました。
ホームページの石和宿の巻はどんな構成にしようかと悩みますが、これはこれで旅の思い出。
バラエティな街道歩きとなりました。

画像は、雀宮神社から臨む勝沼宿。
小仏峠~笹子峠は上り下りが激しい区間なので、往時の旅人も平らな勝沼宿に着いてホッとしたでしょうね。

Re: 甲州道中:鶴瀬宿→石和宿

  • 萩さん
  • 2018/10/07 (Sun) 20:13:45
とらぞうさん 昨日の甲州道中歩き お疲れ様。
まさかの石和宿真っ暗騒動でしたね。
私が歩いたときの本陣の碑の写真をUPします。
これだけなら,夜でもまあいいやという感じですね。

今回は,とらぞうさんのtwitterを見ながら
googleのストリートビューで昔を思い出していました。
国道20号の117kmポストもよくわかりました。
その先の横笛一里塚は,自分は見ていません。
さすが,とらぞうさんですね。

Re: 甲州道中:鶴瀬宿→石和宿

  • とらぞう
  • 2018/10/08 (Mon) 23:42:21
ありがとうございます。
まさかの真っ暗でした。(^-^;
カメラのレンズが明るいので、スマホの写真よりもまともに撮れていると思います。
萩さんの写真はアングルがイイですね。
おらは案内板の奥にある蔵のことを考えないで、標柱と案内板の間に位置しています。(^-^;

一里塚については前回の反省点で、あんずさんのサイトをチェックしました。
あんずさんは初めての街道歩きが甲州街道なので、ご自身の思い入れも強く、記事の内容にも信頼が置けます。

甲州道中:黒野田宿→駒飼宿

  • とらぞう
  • 2018/09/24 (Mon) 17:42:28
昨日甲州道中の黒野田宿から駒飼宿を歩きました。
甲州街道歩きの8日目。
最寄り駅はJR中央本線笹子駅と甲斐大和駅。
距離は寄り道含めて12.6km、4時間45分の旅。
歩数は19,409歩。
ちょっと短め。

今年は梅雨明けが1カ月も早く、6月に上鳥沢宿→阿弥陀海道宿(鳥沢駅~笹子駅)を歩く予定を2回に分けて歩きました。
今回の黒野田宿→駒飼宿もその流れで、8月下旬~9月上旬の暑い時期に歩くつもりでした。
この夏は思いがけず忙しくて予習もままならず、彼岸花が咲く季節となり、峠越えだけで距離が短いからと、ほとんど予習できないまま出かけました。

今回短く区切ったのは寄り道したい寺院があったから。
武田勝頼の墓がある景徳院と蕎麦切り発祥の地碑がある栖雲寺。
景徳院は舗装道路の上り坂を歩きましたが、栖雲寺へは一興で竜門峡遊歩道を歩きました。
街道歩きの後に寄り道で10kmも歩いたので、もうヘロヘロ。
帰りはやまと天目山温泉で一風呂浴びて帰宅しました。

画像は、甲州街道の一大イベント笹子峠。
平地が少なく、小仏峠に比べるとずいぶん寂しいところです。

Re: 甲州道中:黒野田宿→駒飼宿

  • 萩さん
  • 2018/09/25 (Tue) 20:51:19
いよいよ山梨県に入りましたね。
笹子峠自体は,わりと楽に越えられたのではないでしょうか。
鶴瀬宿まで行ったと思ったら,駒飼宿で終わったのですね。
お疲れ様。
ブログのUP,楽しみにしています。

Re: 甲州道中:黒野田宿→駒飼宿

  • とらぞう
  • 2018/09/25 (Tue) 23:02:58
小仏峠に比べると笹子峠はキツかったですよ~。
明治になって新道ができ、甲州街道が忘れ去られて、どの程度往時の道筋が残っているのか分かりませんが、ほとんど街道の面影はなかったですね。
景徳院や栖雲寺まで立ち寄っているので内容の濃い1日でした。

Re: 甲州道中:黒野田宿→駒飼宿

  • 萩さん
  • 2018/09/26 (Wed) 21:42:58
駒飼のどこかの写真を送ります。

Re: 甲州道中:黒野田宿→駒飼宿

  • とらぞう
  • 2018/09/29 (Sat) 22:51:12
ありがとうございます。
桜がキレイですね~。
場所は石材店ですか?
甲斐大和駅ホームに飾ってあり、「甲州鞍馬石」と書いてありましたが、独特な石ですよね。

甲州道中:下花咲宿→阿弥陀海道宿

  • とらぞう
  • 2018/07/14 (Sat) 18:33:42
本日甲州道中の下花咲宿から阿弥陀海道宿を歩きました。
甲州街道歩きの7日目。
最寄り駅はJR中央本線大月駅と笹子駅。
距離は寄り道含めて16km、7時間5分の旅。
歩数は21,112歩。

前回鳥沢駅〜笹子駅を歩こうと思っていたら、まさかの梅雨明けでいきなりの真夏。
とりあえず前半の鳥沢〜大月を歩きました。
今回は後半の大月〜笹子ですが、前回より距離が短いと思っていたら、前回より距離があり、時間も余計にかかっています。
午前中で終わるつもりが、15時過ぎまで歩くことになってビックリ!

今回はおおむね国道20号沿いを歩くので、天気予報の気温より高くなります。
廃道区間を2箇所歩きましたが、1つ目はそれほど藪が茂ってなく、上り下りも少なかったのですが、2つ目は人の歩いた道はあるものの、ほとんど山登りでオススメできません。
もうヘロヘロです。

画像は、下花咲一里塚。
甲州街道では少ない「跡」が付かない一里塚。
この頃は気温がまだ28℃くらいだったので元気でした。

Re: 甲州道中:下花咲宿→阿弥陀海道宿

  • 萩さん
  • 2018/07/14 (Sat) 21:53:53
まさかこの今年いちばん暑い日に歩くとは思いませんでしたよ。
本当に,すごいです。
もうヘロヘロぐらいで,済みましたか。
残りの連休期間で,体力を回復してください。
歩いたまとめをしようなんて,もってのほかですよ。
休養,休養。

Re: 甲州道中:下花咲宿→阿弥陀海道宿

  • とらぞう
  • 2018/07/15 (Sun) 10:20:29
ご心配おかけしております。
普段は最高気温が32℃を超えたら歩かないという自己ルールがあるんですが、今回は午前中だけの短い区間なので歩いてみたら、思いのほか長く歩いてしまいました。(^-^;
32℃というのは、道端は予報の気温より高いので、体温超えの37℃-5℃=32℃でございます。
今日は冷房の効いた部屋でのんびり過ごします。(^-^;

甲州道中:上鳥沢宿→大月宿

  • とらぞう
  • 2018/07/02 (Mon) 12:33:14
昨日甲州道中の上鳥沢宿から大月宿を歩きました。
甲州街道歩きの6日目。
最寄り駅はJR中央本線鳥沢駅と大月駅。
距離は寄り道含めて13.3km、6時間15分の旅。
歩数は17,599歩。

今回はいつもより歩いた距離が短いです。
2日前の6月29日にまさかの梅雨明け。
当日は快晴で、もう9時から30℃超えです。
当初笹子駅まで歩く予定でしたが、午後2時で34℃で、予報だと18時まで30℃超えだったため、途中で切り上げました。
昨日の大月の最高気温は35.1℃でした。

今回のメインイベントは日本三大奇橋のひとつである猿橋。
橋脚のない刎橋で、桂川渓谷の景観と共に、なかなか見事な風景です。
国の名勝に指定されています。

次は今回歩く予定だった後半の下花咲宿~阿弥陀海道宿で笹子駅まで。
真夏は熱中症の危険があるので本来お休みの期間ですが、半日の区間なので近々歩こうと思います。

画像は、桂川。
下花咲宿側から大月宿を臨んだ風景で、往時大月橋が架かっていました。
大月側の崖は、猿橋がある桂川渓谷と同じように、富士山の溶岩が造り出した風景ですが、自然の力はスゴいですね。
その直立した崖をコンクリートで固める土木技術もスゴいけど。

岩村の道しるべ

  • 萩さん
  • 2018/06/23 (Sat) 18:19:41
私のブログにUPした岩村町本通りの洋品店の前に道しるべがありました。
左の道しるべには,左なごや・ とあり,側面に安永八と書いてあります。
右の道しるべにの裏側には,みたけ道と書いてあります。表側は是よりなごや道でしょうか。

よくわかりません。

Re: 岩村の道しるべ

  • とらぞう
  • 2018/06/25 (Mon) 22:20:22
左は安永8年(1779)年製で「左 なこや道」と刻まれています。
右は貞享4年(1687)年製で 「是より右ハ みたけ道」「是より左ハ なこや道」 と刻まれています。
17世紀の道標は珍しいですね。

道標の資料としてお世話になっているサイト「近世以前の土木・産業遺産」に載っているのでコピペしてみました。(^-^;
http://kinsei-izen.com/

Re: 岩村の道しるべ

  • 萩さん
  • 2018/06/26 (Tue) 08:57:00
さすがとらぞうさんですね。
中山道にも通じると思って,掲示板に載せました。
教えてくださって,ありがとうございます。
古い道しるべは魅力的ですね。

「是より右ハ みたけ道」「是より左ハ なこや道」
どのように通じていたのか,興味がわいてきました。

甲州道中:関野宿→下鳥沢宿

  • とらぞう
  • 2018/05/27 (Sun) 22:17:21
昨日甲州道中の関野宿から下鳥沢宿を歩きました。
甲州街道歩きの5日目。
最寄り駅はJR中央本線藤野駅と鳥沢駅。
距離は寄り道含めて27.5km、11時間の旅。
歩数は36,736歩。

前回は武蔵国から相模国に入ったばかりですが、今回で相模国とはお別れして、いよいよ街道の名前にも付いている甲斐国へ突入です。
武蔵国→相模国は峠越えでしたが、相模国→甲斐国は川越えです。
今回も前回と同じく、国道・県道、旧道でも舗装路・けもの道のような土道、廃道の藪漕ぎなど、バラエティに富んだ街道歩きでした。

上野原宿~犬目宿は河岸段丘や尾根道を通るので坂道が多く、車を通すために新道ができて、廃道になっている道筋があります。
また、鶴川宿~犬目宿では中央高速建設のために消滅している区間もあります。
江戸時代の甲州街道は寂しい山道だったと思いますが、文明開化後の土木工事によって風景がずいぶん変わったでしょうね。

今回のコースで印象的だったのは、けもの道のような土道、廃道の藪漕ぎなどして宿場に着くと、鶴川・野田尻・犬目の3宿は宿場内の道幅が広く、寂しい山道の集落というイメージが少し変わりました。
ただ、上野原を過ぎると、鳥沢まで食事処はなく、中央高速の談合坂SAがなかったら昼食難民になるところです。
談合坂SAに食事処が集結しているので、沿道の食事処が成り立たなくて店がないのかもしれません。
各宿場にはお店はないものの、自販機はあるので水分補給には困りません。
談合坂SAにはバス停があって、何かあっても新宿まで帰れるので、安心なコースです。

画像は、恋塚一里塚。
日本橋から甲州街道を歩いて、ようやく現存する一里塚に出会いました。
上野原の塚場一里塚と犬目の恋塚一里塚。
恋塚は「恋」が付く地名は珍しいので印象に残りますね。

Re: 甲州道中:関野宿→下鳥沢宿

  • 萩さん
  • 2018/05/28 (Mon) 10:00:27
山梨県に入り,甲州道中歩きもいよいよ佳境に入ってきましたね。
twitterの報告をみさせていただきました。
私なんかは,結構国道を歩いているけど,
とらぞうさんは,ずいぶん藪を分け入っていて,すごい。
これからも頑張ってください。

Re: 甲州道中:関野宿→下鳥沢宿

  • とらぞう
  • 2018/05/29 (Tue) 00:15:37
ありがとうございます。
藪漕ぎは季節を選ばないと、今の時期は植物がスクスクと育って大変です。
次回も廃道が少なくとも1カ所あるのでどうなることやらです。(^-^;